中古車購入時に走行距離はあてにならない

中古車を安心して購入するための情報収集に注目です。 車の寿命はどれ位走ったら終わりなのでしょうか?昔の人はだいたい10万km程度走ると寿命が来ていると言いますが、現在の車でそんな事は全くありません。実際その倍の距離を走っても全くノートラブルで走っている車は多くあるのです。なぜその様な都市伝説が生まれたかというと、大抵の人は1年で1万kmを走行することがほとんどですので、10万kmを走っている車は10年落ちの車と考えるからです。

その理屈で言うと確かに経年劣化であまり状態の良くは無い自動車とは思いますが、それくらいの年式の車を探すほうが難しいので、実際には全く問題ないでしょう。では、同じ年式で全く走っていない車と、適度に走行距離がある車はどちらが良い状態の物が多いかというと、これは間違いなく後者で、違いはけんちょにあらわれます。特にエンジンは毎日使っている車のほうが調子が良いのですが、これはエンジンオイルが行き届いている状態に常になっているという点です。機会は使わないよりも使っている方が調子が良いのです。工場の機械が休みなく動かし続けているのはその理由です。中古車選びは走行距離を重要視するのではなく、年式や各部品の劣化具合を見て調べることが良いはずです。

Copyright (C)2022中古車を安心して購入するための情報収集に注目です。.All rights reserved.